ウシガエル

なぞ。...

イシガケチョウ

温暖化により北上している蝶だそうです。山中にうじゃうじゃいました。...

鹿

親子でしか?...

イタチ

里山で珍しい存在ではありませんが、暗い森で獣道を走るイタチと目が合いました。...

野うさぎ

森の奥の細流は、小鳥達とピーターラビットの世界でした。☆♡春のハッピーガーデンびざん。♡☆...

阿波狸

目覚めさせてしまいました。「タヌキ寝入り」してたのに・・・...

アサギマダラ

旅の途中、里山でひと休み。...

子鹿

山の車道脇で子鹿がうずくまっていました。逃げない、立たない、鳴かない。...

アカヒゲドクガ

わてがアカヒゲドクガの幼虫だす。成虫は「モスラ」です。...

マムシ

マムシ。体長40センチくらい。身近な自然の中に潜む危険生物リスク。スズメバチ、マダニ、マムシ、猪etc・・・舐めたらアカン。...

野生ニホンジカ

なんだ、鹿かあ・・・此処はサファリパークだからなあ。いや、公園です。またまた野生ジカ出ました。そして、獣道からもう一頭の鹿が現れたと思うと、二頭はドカドカと(けたたましい足音を立てて)斜面を駆け下りました。鹿が走る音を初めて聞きましたが、やはり偶蹄目とあって「蹄」で地面を蹴る音の響きが凄い迫力なのです。本当に驚きました。(鹿との距離は15~20メートル)...

ベニカミキリ

ベニカミキリ( 体長13~17mm)ルビーのように輝く、美しい昆虫。...

スッポン

こんなん出ました。天然物のスッポンでした。...

オウチュウ

オウチュウ(全長28㎝)台湾にて。一般ツアーでしたが、オウチュウが台北市内でも普通に(電線上で)見られました。これは十分老街という観光地のオウチュウです。カササギ、シロガシラ、ムク似のハッカチョウ?等、謎の鳥が続々出ても、TG-1しか持参していなかった為画像撮りは無理でした。それにしても台湾の野鳥はアピールが強い。驚...

ズグロミゾゴイ

ズグロミゾゴイ(全長47㎝)ということにしておきます。台北市の北投温泉博物館近くで、雑踏の中に呆然と立ちすくんでおりました。私がカメラを向けると「あの鳥、生きてるんですか?」という声が聞こえてきました。生きてる筈です(笑)...

アサギマダラの旅

今季初見のアサギマダラ。目の前に出現し、ふわりふわりと舞い上がりました。何処で孵化し、何処まで行くのか?...

狩猟本能

閲覧注意!猫がハンターである証明。猫が野ネズミを狩りました。飼い猫が昆虫や小動物の死骸を飼い主の元に届けに来る、と言う話しは聞くのですが、昔、私が飼っていた猫は首に鈴を付けていたせいか、そういう経験はありませんでした。これは公園猫ですが、この後、死骸(野ネズミ)を放置したままで何処かへ行ってしまいました。...

ジャングルの掟

絶命したオオバン。チョウゲンボウが出たところから50メートルの所にオオバンの亡骸がありました。(車は侵入できない道ですが散歩の人が多い)何者の仕業でしょうか?残酷な画像ですみません。自然界では命を落とすものも多く、全ての生命が生きられない事も自然の摂理のようです。合掌。...

狸の亡骸

たぬき。かわいそうに、農道で死んでいました。通行量の多い車道に面した農地ですので、クルマにぶつかったのかもしれません?(車道上でタヌキの交通死を見るのは珍しい事ではありません)このタヌキ、子供のような気がしました。今頃、親兄弟がこの子だぬきを探していることでしょう。警戒心が薄く、無防備だったのかもしれません。切ないです。合掌。学名 Nyctereutes procyonoides...

チビーィ太

イタチ。この前ヒクイナを狙っていたポイントから40メートル程離れた河原でチビーィ太を見つけました。(イタチの頭は小さいですね!)私に気づかず、何やら必死で藪笹に潜りこんで行く様子が見られましたが、(猛禽に見つかったら、さらわれるよ)今日はどんな悪企みしとん? (イタチの追跡が可能なら、それは凄く面白い事でしょうね~)...

イタチ(トマコ)

野鳥(ヒクイナ)を襲っていたイタチです。阿波弁でイタチ=トマコ。この生命体、凶暴につき。おたずね者のチビーィ太チ!...

ハンミョウ(斑猫)

眉山で見かけた美しくて不思議な甲虫。ナミハンミョウとも言うらしい。成虫の体長は20mm程。人が近づくと飛んで逃げるが、1〜2m程度飛んですぐに着地し、度々後ろを振り返る。往々にしてこれが繰り返されるため、その様を道案内にたとえ「ミチシルベ」「ミチオシエ」という別名がある。(ウィキコピペ)!確かにそんな動きだった。学名:Cicindela chinensis japonica...

アサギマダラ

アサギマダラ。9月に入ってから公園でちょくちょく見かけていたアサギマダラ。過去、数人に「渡る蝶(アサギマダラ)を見たことあるん?」、と聞かれたことがありました。有名な蝶ですね。御嶽山の噴火を「虫の知らせ」、ならぬ「蝶の知らせ」が無かったのでしょうか?どうなんでしょう。アサギマダラさん。...

スズメバチの巣

異次元の惑星。...

ヤマトンボ

見た瞬間、オニヤンマじゃない、けど、オニヤンマ?と思ったのです。結局、オオヤマトンボorコヤマトンボでしょうか?かなりいい加減ですが、これでいいのだ!(悩んでなんていないのだ!)蝶とトンボと蝉だらけ。...

ベニシジミ

ベニシジミとハルジオンの花。ユーミンの歌が流れてきそうです。川向こうの街から宵闇がくる~♪煙突も家並みも切り絵になって♪ハルジョオン・ヒメジョオン。...

カワトンボ

カワトンボ♂検索して分らなくなった、ので・・間違っているかもです。暗い森の沢で見つけたオレンジ色の小さなトンボ、一筋の光に照らし出され美しい・・。頭上はキビタキ、サンコウチョウ。足元には清らかな水の音。byebyeしばらくお休みじょ・・・by極楽トンボ。...

チョウトンボ

チョウトンボ(蝶蜻蛉 Rhyothemis fuliginosa)コバルトブルーで蝶の様に綺麗なトンボを見つけたので撮ってみました。検索してみると「チョウトンボ」という名前のよう。見たまんまが名前になっているんですね~(笑)水辺の宝石、日本一美しいトンボ、とも。...

野生ニホンジカ

目の前に現れた謎の生命体は・・・・鹿、でしかない。エーッ!!なんでー! アンタ、此処は山奥じゃなくて、徳島市内の公園でよ。シカによく似た大型犬だなあ、と思うたん。そんなバナナ~ 鮮やかで美しい赤茶色に「鹿の子」模様が入る夏毛メス?  どこかに子鹿がいるかもしれない?木の枝を折り、その葉っぱを食べていた。公園の樹木もシカの食害に?「こりゃ、うんめぇ~なあ~」つまり、ウォーキングコースが突然サファリパ...

シマヘビ

日本固有種のシマヘビ(爬虫類)。学名Elaphe quadrivirgataキワモノ好きではないのですが、もしかすると、一層コアな世界に転落してしまうのかも、しれません。このヒト、赤い目をしている。鼻息荒らそうやし(怖・・・でも、ノスリやサシバが見たらきっと喜ぶ?鰻のように(美味そうに)見える?などと思いつつ。ひゃー、あ゛ーっ!やっぱキモイ~。(水陸両用なのか・・・)鷹の食物シマヘビ。シマヘビの食物?カエル(両生類)...