アトリ

30羽前後の群れで移動していきました。...

アトリ

林の中で地面を啄んでいたようでした。樹上に飛び上がるまでアトリ群に気づきませんでした。♂だろうね~...

イカル

啄んでいるのはハゼの実でしょうか。...

アトリ

アトリ(全長16cm)。...

イカル

イカル(全長23cm)。花曇り、鳥曇りでなかなか画像にならない。シメのほうが多かったのですが・・・...

ウソ

ウソ(全長16cm)♂。...

アトリ

スギ花粉症にならないんですねぇ。...

アトリ

アトリ(冬鳥、全長16cm)薄暗い森の中で地面を啄んでいたアトリが樹上に飛び上がりました。...

カワラヒワ

カワラヒワ(全長14cm)賑やかなカワラヒワが河川敷の樹に集っていました。...

ウソ雄

ウソ(全長16cm)♂。あちらこちらで口笛のような声が聞こえますが、枝がかぶりすぎます。...

ウソ雌

ウソ(全長16cm)。微かに聞こえる声を辿ると、うじゃうじゃの中。メスのみに焦点が合いました。...

イカル

イカル(全長12㎝)イカルの大群がエノキの樹上に集結。パチパチと音を立てながら木の実を啄んでいました。....

いざ行かん(イカル)

イカル(漂鳥、全長12㎝)(枠外の数を入れると)80羽前後のイカル群が早朝の低山から飛び立ちました。イカルの声がテンションを上げて沸点に達し、湧き上がり、意思統一されたように同じゴールを目指して一斉に飛びました。...

カワラヒワ無限

カワラヒワ(全長14cm)最近、自宅近くの田圃にカワラヒワが集結していて、電線(鉄線)→地面→田圃→電線あるいは樹上にと無限ループ∞のように繰り返し移動するのです。...

アトリ休息(動画)

アトリ(冬鳥、全長16cm) 2羽のアトリが早朝の河川敷に飛び込んできました。 そして、羽休めと栄養補給後、再び旅路につきました。シベリア方面から来た冬の訪問者。 園瀬川...

シメ

シメ全長19cm出たぁ~。冬の締めに5羽の強面軍団シメ。今季もやっぱり怖いかお・・・北海道で繁殖するみたい。...

ウソ(動画)

早朝の眉山歩き。 ウソ(冬鳥・全長15㎝)の声が聞こえ、車道下に雄雌ペアを見つけました。 ゆっくり近づくと撮影者に対する警戒心は薄いのですが、クルマの走行音に驚いて飛ばれ、2度目に見失いました。雌。 喉が赤っぽい雄。 桜の新芽を啄む男のコ。鳥の声はウソじゃなくて、ホオジロのようです。これホント!CanonPowerShotSX50HS...

ウソ

一昨日のお散歩でウソの群れ(20羽くらい)に遭遇し、(別の地点で)早朝に探してみました。そこで出たのはメス3羽。食欲旺盛な女子達でした。...

カワラヒワ

田圃近くを歩けばチョンチョン、チョン、ジュイーンと声が聞こえる冬のカワラヒワ。20羽程の群れになって電線上でおしゃべりに夢中です。(笑)広げた翼はとても美しい紋様ですが、頭上の電線留まりでそれを見ることは叶いませんでした。目元が黒っぽいのは雄かと・・全体に色が薄いコは雌じゃないのかなあ?と思います。黄色い鳥。...

可愛いシメ

「シメ君にだって可愛いとこがありますよ~だ!」ってことで締めたいと思います。ただし仕草が、です。たとえ小太りの厳ついオッサンに見えても、ありのままのキミがいいです。  (首を傾げながら地面を掘る姿、愛嬌があって可愛いでしょ。笑)この日、私は5羽のシメに囲まれていたのです。いよいよ仲間と集結し、命を賭けて北の土地へと渡る覚悟かも。明日は春の嵐・・...

シメ雌

シメ雌。紺の羽(次列風切外弁)に灰色部分があることと、眼から嘴にかけての斑が薄いのが雌らしい。頭の色も薄い・・・。やっぱり怖い。...

強面シメ

悪党ヅラですが、冬鳥の締めにシメということで登場です。冬の散歩でちょくちょく見かけましたが、最後のサービス?なのか近くに留まって堅そうな新芽をガッツリ、ガツガツと食してくれました。お世辞でしか「可愛い」なんて言えませんが、よ~く見ると結構笑えるヒトなんです。(笑)ソコにピント合ったか・・・...

マヒワ

久しぶりの公園でマヒワの群れに出会いました。どうやら頭頂部が黒い男の子ばかり撮ってしまったようで・・・(笑)季節を渡って行くのかな。...

綺麗なウソ

公園のあちこちでウソの声を聴いたので探してみると、桜の蕾を啄むウソのペアに出会えました。喉がさくら色の♂と茶色の♀。人懐こくて可愛い冬鳥です。...

イカル雨霰

本日、わが町は上陸したイカルによる「アトリ作戦」により征服されました。森はコンサート、頭上はイカルだらけ、これは、、楽園支配だあー! Σ^)/ワーイワーイ初めて出会った100羽以上の大群。シメもおったよ。...

マヒワ

久しぶりにマヒワとの出会い。樹の枝に留まってマッタリする小群と、薄暗い林の中で地面を突く小さな群れ。そう言えば、去年の冬は会えなかったよね・・・顔の黄色味が薄くて胸に縦班があるのが雌、顔も胸も黄色で頭が黒いコが雄。...

シメ参上

あ、あれは、あの、悪党ヅラだ!ホオジロ(左)が留まっている樹に飛来したのは冬鳥のシメ(右)でした。シメって頭がふたコブに割れてません?頭蓋骨の悪党ヅラおぷしょん?あは、あは、あはは~!(毎年大笑いしてごめん)あ、アトリが群れで飛んでイッタ・・・同じ鳥と思えますか?コレ...

百舌鳥とカワラヒワ

ヒバリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ?などの唄声が聞こえてきましたので、辺りを見渡すとこの百舌鳥が多種多様でなんとも複雑奇怪な「ものまねショー」を披露しているではありませんか!驚!!小鳥を惑わせて誘き寄せようとしているのでしょうか?怖。こちらは無邪気なカワラヒワ。モズの罠に掛らないでほしいねぇ。...

真夏の行水大作戦(カワラヒワ)2

夏休みを最高にエンジョイしてますね。このヒトたち。・・・って言うか、一日中お水遊びしていますけど・・・これ楽しみ過ぎじゃない?!(笑)...

真夏の行水大作戦(カワラヒワ)1

カワラヒワ組、夏の行水課目です。もう夢中よ夢中・・・笑。...