オオヨシキリ

ぎょぎょぎょ、ぎょぎょぎょ♪、ぎょぎょぎょし、ぎょぎょぎょし🎶口から先に生まれてきました(笑)...

オオヨシキリ

夏鳥オオヨシキリ(全長18.5㎝)。夕暮れ時のヨシ原。ギョギョギョシ、ギョギョギョシ。今年も絶好調やね、夏の賑やか師。ちょっと、暑苦しいわよ。自己主張ですが、なにか?これでブログは小休止。...

オオヨシキリ

行行子(ギョギョギョシ)、行行子、と渋い声で鳴く「田圃の浪曲師」?こと、オオヨシキリ(夏鳥)です。かなり離れた場所からでも賑やかな「しわがれ声」が聴こえ、休耕田にオオヨシキリが居るのが分かりました。鳴いているのは縄張りを主張しながら雌を呼ぶ雄のようです。雄一羽がハーレムを形成するらしい。旅行けば~ 駿河の国に茶の香り~・・・頭はパンクロッカー。オマイ、見れば見るほど変な奴だな。...

オオヨシキリ巣材集め

オオヨシキリ(夏鳥:全長18.5cm。)が水路の葦原で巣材?の蜘蛛の糸を集めているようです。繁殖シーズンですね。「ギョギョギョシ。ギョギョギョシ。」と渋い声で鳴きます。冬季は東南アジア、アフリカ大陸の熱帯域に渡って過ごすし、8~9月には東南アジアに渡って行くので姿が見えなくなるそうです。大葦切・・・ヨシを切り裂いて中にいる獲物を捕食するとされ、和名の由来とされるとあります。鳴き声から「行行子」とも呼ばれ、...

オオヨシキリの赤い口

お天気が良かったもので、用件を終わらせた帰り道、オオヨシキリに会いに、近くの休耕田に寄ってしまいました。道草とも言います。(笑)至近距離に出てきた子。少し小さくて、しなやかな感じがします。女の子?ヘアスタイルがまとまっていて、頭が小さいのです。後ろはツンツンヘアだけど・・・遠くに見えるあの子なんて、頭パンクしてるもの・・・頭全体が大きくて・・・変、なの。毛根がパワフルなのかしら?手前のこの子はやっ...

オオヨシキリ(その2

ウグイス科の夏鳥。初見でこんなに沢山のオオヨシキリに出会えるとはおもいませんでしたねぇ・・・皆様、どうぞ、ごゆるりと滞在してください(笑)ヘアスタイルはロックンロールだぜ!!!カワラヒワもこのヨシ原に居候?...

オオヨシキリ(その1

オオヨシキリ・・・近所にいました。55号線直近の葦原をねぐらにしているようでした。湧き出るように葦の上にオオヨシキリが飛び出してきました。凄い鳴声で、数十羽いや百羽以上?わかりませんが、私を警戒する様子もなく次から次へと別の個体が姿を現してくれました。「僕はまだ独身でお嫁さん募集中だよ!ギョシギョシ!」と叫んでいるのでしょうか。...